東京都自動車部品商組合(1977-2010)の歴史

 
1977年12月 東京都東部自動車部品商組合と山手自動車部品商協同組合が合流して東京都自動車部品商組合を結成。
初代理事長は橋本章氏(橋本自動車部品株式会社社長) 会員数133社
1978年2月 三多摩地区の東京都自動車部品小売商組合と合併。組合員数162社。
1978年4月 第一回定時総会開催、全部連の西沢専務理事が挨拶 錦糸町ロッテ会館
1978年7月  事務局を㈱あきば商会内に設置、清水茂事務局員就任 
1979年1月 全部連が社団法人化、東京都組合はその傘下に入る
1979年2月 第一回新年会を開催
1980年9月 商工組合研究委員会設立、東京都中小企業団体中央会より説明受ける
1983年4月 秋庭勇事務局員就任
1985年11月 東整振との懇談会開催 東整商との懇談会開催(12月) 
1987年10月  神奈川組合、千葉組合と首都圏部品商組合協議会を結成
1989年5月  全部連第11回通常総会で東京都組合が常任理事に就任(会長は栃木県赤塚会長) 
1991年6月 橋本章氏、全部連会長に就任
1995年6月 橋本章氏、全部連会長を辞任
1996年6月  橋本章氏、東京都組合理事長を辞任、二代目理事長は長瀬並男氏(三徳部品) 
1999年5月 第22回定時総会で全部連退会を決議 
1999年6月  全部連退会に関するアンケートを実施、残留希望者は4社に止まる。6月末に退会届提出
2000年6月 秋庭事務局員退任、東京都自動車部品組合に事務局委託 
2000年10月 保証金保険導入に関するアンケート実施(純正部品販売元からの保証金の要求に対応) 
2001年7月 青年経営研究会設立 
2004年5月 長瀬並男理事長が退任、猪瀬泰臣理事長が就任
2007年6月 猪瀬泰臣理事長が退任、中澤英太理事長が就任
2007年12月  臨時総会開催 魅力ある組合活動をどう造りあげるか?趣旨説明
2009年12月 臨時総会を開催、事業協同組合への組織変更を決議、協同組合設立準備委員会を設置
2010年6月 事業協同組合発足のため現組合の解散を決議 解散時の組合員数は48社、このうち26社が東部協に加盟

会員数の推移

年度 会員数 年度 会員数 年度 会員数 年度 会員数
1978 162 1988 123 1998 89 2008 52
1979 162 1989 118 1999 82 2009 49
1980 158 1990 117 2000 81 2010 48
1981 157 1991 112 2001 79
1982 150 1992 111 2002 77
1983 147 1993 109 2003 73
1984 142 1994 107 2004 67
1985 136 1995 102 2005 62
1986 133 1996 100 2006 59
1987 128 1997 97 2007 54


Producede by HomesInternet.